欠陥マンション記録
tyowmagega.exblog.jp

三交不動産欠陥マンション紛争記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク集
ライフログ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
原始的欠陥への認識及び認容
コンクリート製天井の沈みについて


『三交不動産の慣行的及び、現時点での見解』


たわみと施工誤差を分けて判断。


★たわみ・・・主に、進行性(クリープ等)。

★施工誤差・・・施工段階から発生(型枠の傾斜・支保工の早期撤去等)。



施工誤差ならば、建築基準法等の基準値(26、8mm等)を超えても、直せばよいと判断。

何mmまで、越えてもよいかの基準(誤差の認識及び認容の程度)は不明。(その企業の不具合、欠陥に対する認識・認容等が、基準であろうか。)
同社は、30mmまで許容。



c0109616_5532644.jpg

予め、施工誤差30mmまで許容
c0109616_5522384.jpg

高い強度と耐久性を実現
c0109616_5523882.jpg

[PR]
by magekiretuz | 2007-11-25 00:35 | 欠陥マンション